閉じる

「NOAHvsDDT対抗戦、僕らの試合がキーになります!そして必ず勝ちます!」プロレスリング・ノア:稲村愛輝選手インタビュー!


6月12日『CyberFight Festival 2022』での“NOAHvsDDT対抗戦”6人タッグマッチ、いよいよ数日後に迫ってまいりました。

稲村)はい、いよいよですね!(力強く)

前哨戦であった樋口和貞(DDT)とのシングルマッチ(5月30日川崎大会)、見ごたえがありました。樋口選手の印象はいかがでしたか?

稲村)思ってた通り強かったですね(ニヤリ)、実は3年前に当たったことはあるんですけど、ほぼ触れてなくて今回が初めての感じでしたね。技より力、自分のポテンシャルで勝ちたいと思って臨みました。結果ドローで決めきれなかった悔しさがありますね。

真正面からぶつかり合った見応えある15分ドローでした。お二人がキツイ攻撃を見舞われながらも時折見せる『いい相手(ヤツ)見つけたぜ!』的な表情がとても印象的でした。

稲村)100%正面からぶつかれるっていうのはこういう選手なんだなって思いましたね。そんな選手はノアにもいっぱいいるんですけど、本物の土俵経験があるとまた違うなって(樋口選手は角界出身)。樋口選手は今でこそ絞ってますけど、足腰の強さを感じましたね。足長いのにあれだけ強いのかって。

ぶつかり合って体感されたわけですね。

稲村)僕は学生の頃しか相撲やってないんですけど、立ち合いの時ってお互いの呼吸を合わせる感じなんですよね。リング上で相撲を取るわけじゃないですけど、ガツっとぶつかるそこにお互いの気持ち向かってたなと。

お客さんも思わず声を上げちゃうほどの激しさでした。さて、激しさはノア内からも生じたわけですが・・・。

『プロレスサークル、プロレスラーもどきに、だらしねえから舐められんだよ!』

稲村)丸藤さん欠場、そこへ中嶋さんという爆弾が投下されたわけで。あの会見から小峠さんもギアが上がったと思います。僕も以前は秋山さんにリベンジって言ってましたけど、今はもう樋口選手に気持ちが向いてます。中嶋さんのおかげで僕らの士気が上がってる、なんて言うとまたぶん殴られそうですけど(笑)

先日バッシバシ殴られましたもんね、14発の張り手でKOされるという(6月5日長岡大会)

『お前もだらしねぇんだよ!合計14発の衝撃ビンタでKO!』

稲村)オマエもだらしねえ!と。でもあの試合14発も打たれてたんですね。5発ぐらいでやられたなって印象だったんですけど、実際は1発目からちょっと記憶が飛んじゃったかもしれないです。ほんとに強烈でした。会見の時、小峠さんは僕のすぐ後だったんで張り合いは見れなかったんですけど、中嶋さんが突如現れたってことで覗きに行ったら小峠さんがぶっ倒れてたという。味方にあんだけやる人がいるんだから相手にはあれ以上のことやらないといけないですよね。

お客さんもサイバーファイトフェスでの試合の見方が変わるというか。

稲村)中嶋さん参戦って時点でインパクトがあるんですけど、会見と長岡のたった二つの動きでこんなにインパクト残すのはスゴイですよね。僕の心の中ではどこか「サイバーファイトフェス」=「お祭」っていうのがあったかもしれない。でも吹っ切れましたね、グッと引き締まりました。

その緊張感の反面、ノッコン寺田さんとのyoutube、面白かったです(笑)

『ノッコン寺田がプロレスリング・ノア殴り込み!殺人タックルでプロレスラーはぶっとばされるのか!?』

稲村)あれはいろんな方面から反響ありましたね(笑)タックル対決だったわけですけど、うちの岡田(欣也)も馬力あるんで耐えるだろうと思ったんですけど、50kgの体重差もあるし飛ばされちゃいましたよね。寺田さんとしては上半身に打つタックルって本来の形ではないと思うんですけど、150kgであんだけ走れる人なんで相当な威力なんですよ。でも上半身ぶつけ合うのであれば負けられないですよね。

あれをガッチリ耐えてくれたのはプロレスファンとして誇らしかったです。タイヤトレーニングではプロレスラーのすごさを存分に見せつけてらっしゃいましたね。

稲村)僕は日々やってるんで出来て当然なんですけど、タイヤトレーニングはコツというか、前に進む力が強い人が上げやすいトレーニングではあるんです。寺田さんは上げてくるだろうなって思ってましたけど、みんなに気合が移って行ったのか岡田も清宮さんもガッと上げて、まさか感動巨編で終わるとは(笑)

クラブ活動みたいな一体感がでてました(笑)稲村選手はTシャツ界の“悪童”こと「ハードコアチョコレート(通称コアチョコ)の愛用者でもあり、同店が経営するBAR「バレンタイン」でバイトもしてらっしゃいました。

稲村)コアチョコはMUNEさん(ハードコアチョコレート代表・デザイナー)はじめ皆さんにほんとお世話になってます。高校生の時にネットでコアチョコを知って、上京してコアチョコのTシャツ来てたら知り合いのつてでバレンタインに連れてってもらったんです。僕、MUNEさんに出会ってなかったらプロレスラーになってなかったと思います。バレンタインにはレスラーの方もよく来店されてて、北宮さんにもそこでお会いしてます。具体的に入門テストのメニューとか尋ねてましたね。プチ鹿島さんやハチミツ二郎さんはじめ芸人さんにもたくさんお会いして、みなさん総じて「一回きりの人生だから挑戦しなよ」と。で、MUNEさんに「身体でかいんだから、受けれる資格があるんだから受けてみたら?」って背中を押していただいたのがきっかけですね。

皆さんが迷いを吹っ切ってくれたわけですね。

稲村)25歳でノアに入門して、年齢としてはちょっと遅いぐらいなんですけど、ノアに拾ってもらったんだという想いと、デビューせず辞めちゃったら二度とコアチョコ界隈に顔出せないわって想いで頑張りましたね(笑)。僕がお店行ったらMUNEさんがプロレスラーなんだってお客さんに紹介してくれてそのままノアを観に来てくれたりとか、デビュー戦の時にもコアチョコ界隈で50人近く来てくださって。ほんと感謝してます。いいタイミング、運、周りの人たちのおかげです。

入場テーマも『CyberFight Festival 2022』からリニューアルされます。作詞作曲は、スクウェア・エニックスでサウンドディレクターを務める祖堅正慶さんが作曲、「半熟英雄」「LIVE A LIVE」に携わった時田貴司さんが作詞した楽曲『OTAKEBE…!!』を、ゴールデンボンバーの喜矢武豊さんが歌唱することが発表されました。最後に意気込みをお聞かせください。

稲村)入場曲をあんなビッグネームの方々に作っていただいて、この素晴らしい曲に恥じない試合をしないといけません。このテーマ曲でテンションが上がったところ、更に中嶋さんという起爆剤のおかげで対抗戦だと熱く燃えるものが出てきました。サイバーファイトフェスの中でも僕らの試合がキーになると思っていますので、中嶋さん、小峠さんに向いてるであろう眼を僕に向けさせるように戦います!そして必ず勝ちます!


<稲村愛輝/Yoshiki Inamura>

柔道、相撲で鍛え17年9月にノアへ入門。現在、正規軍のホープとしてユニット抗争の最前線での活躍だけでなく、21年に参戦したプロレスリング・ゼロワン「火祭り」、22年1月1日日本武道館大会のタッグマッチでのKENTA戦、1月8日新日本プロレスとの対抗戦での戦いぶりで大きく評価を上げている。大型トレーラーのタイヤを使ったストロングマントレーニングを自らの練習メニューに取り入れ、さらなる体幹強化を図っている。

Twitter

@noah_yoshiki

instagram

@inamura_noah

<大会情報>

【名称】CyberFight Festival 2022

【日時】2022年6月12日(日) 開場12:00 開始14:00

【会場】埼玉・さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナ

◆全対戦カード

○STARTING BATTLE KICKOFF~DDT提供タッグマッチ 15分一本勝負

マッスル坂井&納谷幸男 vs 高尾蒼馬&平田一喜

○STARTING BATTLE 2~TJPW提供10人タッグマッチ 15分一本勝負

ハイパーミサヲ&愛野ユキ&らく&原宿ぽむ&猫はるな vs 角田奈穂&桐生真弥&宮本もか&遠藤有栖&鳥喰かや

○STARTING BATTLE 3~DDTvsガンバレ☆プロレス対抗戦 15分一本勝負

坂口征夫&赤井沙希&岡谷英樹 vs 大家健&まなせゆうな&渡瀬瑞基

※STARTING BATTLEは13:00頃開始予定。

○オープニングマッチ NOAHvsDDT対抗戦 20分一本勝負

岡田欣也&藤村加偉 vs 小嶋斗偉&高鹿佑也

○第二試合 TJPW提供6人タッグマッチ 20分一本勝負

山下実優&伊藤麻希&長野じゅりあ vs 乃蒼ヒカリ&鈴芽&荒井優希

○第三試合 DDT提供8人タッグマッチ 30分一本勝負

飯野“セクシー”雄貴&男色“ダンディ”ディーノ&今成“ファンタスティック”夢人&彰人 vs 高木三四郎&ケンドー・カシン&青木真也&堀田祐美子

○第四試合 プリンセス・オブ・プリンセス選手権次期挑戦者決定4WAYマッチ 30分一本勝負

辰巳リカ vs 瑞希 vs 上福ゆき vs 渡辺未詩

※この試合の勝者が7月9日東京女子プロレス大田区総合体育館大会にてプリンセス・オブ・プリンセス王座に挑戦します。

○第五試合 NOAH提供10人タッグマッチ 30分一本勝負

杉浦貴&藤田和之&マサ北宮&稲葉大樹&谷口周平 vs  マイケル・エルガン&イホ・デ・ドクトル・ワグナーJr&レネ・デュプリ&サイモン・ゴッチ&ティモシー・サッチャー

○第六試合 DDT提供8人タッグマッチ 30分一本勝負

HARASHIMA&吉村直巳&クリス・ブルックス&高梨将弘 vs 上野勇希&勝俣瞬馬&MAO&朱崇花

○第七試合 NOAH提供6人タッグマッチ 45分一本勝負

ロブ・ヴァン・ダム&小川良成&HAYATA vs 清宮海斗&原田大輔&YO-HEY

○第八試合 NOAHvsDDT対抗戦 45分一本勝負

遠藤哲哉&秋山準&樋口和貞 vs 中嶋勝彦&小峠篤司&稲村愛輝

○第九試合 NOAHvsDDT対抗戦~スペシャルシングルマッチ 45分一本勝負

拳王 vs 佐々木大輔

○セミファイナル プリンセス・オブ・プリンセス選手権試合 30分一本勝負

<王者>中島翔子 vs 坂崎ユカ<挑戦者>

※第10代王者3度目の防衛戦。

○メインイベント GHCヘビー級選手権試合 60分一本勝負

<王者>潮崎豪 vs 小島聡<挑戦者>

※第38代王者は初防衛戦。

◆動画配信サービス「WRESTLE UNIVERSE」では今大会を独占生中継致します。

また、豪華ゲスト解説も決定しました。

・ケンドーコバヤシ

・岡田結実

・まつきりな

・谷真理佳(SKE48)

視聴には会員登録が必要です。月額費(税込900円)でNOAH、DDT、TJPW、ガンバレ☆プロレスの生中継、過去動画、バラエティー番組など全てのコンテンツが見放題となります。2週間無料トライアル機能もあります。13日以内に解約すると課金されません。


■取材を終えて

リング上はあんなに激しくぶつかり合う稲村選手。丁寧に話すその言葉の端々からみなさんへの感謝が伝わってきましたし、その想いに応えるんだと瞳の奥に決意を感じました!

今日もプロレス最高っ!

聞き手:スレンダー川口

■チケット販売システムをお探しなら

先着、抽選、座席指定、配信、セミナーなどあらゆるイベントに対応!とにかくすぐにはじめられるチケットシステム

チケットペイ

新着記事